ラベル Google Public DNS の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Google Public DNS の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

Google Public DNS Nexus7の設定

無料で使えるGoogleのパブリックDNSサービス Google Public DNSをNexus7(2012)に設定。



WZR-1750DHP


光ケーブルインターネット300Mbpsコース、無線LAN(Wi-Fi)機器はバッファローのWZR-1750DHPの環境下。暗号化キーを入力してWi-Fi接続を行います。





設定→Wi-Fiとタップ。
SSID/gを選択した画面です。(2012年モデルでは、IEEE802.11n/g/b 2.4GHzのSSIDが表示されます。)



パスワード(暗号化キー)を入力し、詳細オプションを表示にチェックを入れると、プロキシ設定とIP設定の項目が出現します。IP設定の項目で静的を選択すると、IPアドレス、ゲートウェイ、ネットワークプレフィックス長、DNS1、DNS2の項目が出現します。


IPアドレスを無線LANルーターで割り当てたIPアドレスに変更、ゲートウェイを無線LANルーターのIPアドレスに変更。


DNS1、DNS2には既にGoogle Public DNSのアドレス(DNS1に8.8.8.8、DNS2に8.8.4.4)が入力されていましたので、上記の項目の入力が正しければ、接続ボタンがアクティブになります。接続をタップし設定完了です。




RBB TODAYによる計測。



詳細オプションを設定しない場合の計測結果。


Google Public DNSは、Google検索のインデックスやキャッシュを直で活用できるようなので、もっと差がでるカナって正直思いましたが、計測値ではほぼ誤差の範囲。


まぁでも、契約プランや無線LANルーターのスペックに比べて遅いなぁって感じる方は試してみると良いカモ。


関連記事
Nexus7でWi-Fi Nexus7の設定とMACアクセス制限 WZR-1750DHP




BUFFALO WZR-1750DHP