ラベル CFD CSSD-S6T256NHG6Q の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CFD CSSD-S6T256NHG6Q の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

Windows 10のSSDの最適化って


Windows 10のSSDの最適化って、デフラグではなく、Trimコマンドが実行されるんですね、知らなかった。


プチフリって言うんでしょうか、フォルダとか、ブラウザとかウィンドウが移動できなかったりすることがあったり、スタートボタンのコンテキストメニューの表示に失敗することがあったのですが、最適化したらそれもほとんど解消しました^ ^



商品価格ナビ
CSSD-S6T256NHG6Q(CFD S6TNHG6Qシリーズの256GBのSSD)
TS512GSSD370S(Transcend SSD370シリーズの512GBのSSD)


256GBのSSDを購入。CFD CSSD-S6T256NHG6Q。

CFD CSSD-S6T256NHG6Q
CFD CSSD-S6T256NHG6Q


システムドライブとして使っていたTranscendの512GBのSSDのTS512GSSD370が電源トラブル(たぶん)により、BIOSで認識しなくなってしまったので、CFDの256GBのSSDのCSSD-S6T256NHG6Qを購入しました。


Windows 10を予約済みのこのタイミングで、Windows 7をクリーンインストールするはめに。


7月のWindows Updateいらい、「Windowsを起動しています」の画面が異常に長く、5分近くかかることもしばしばで、電源ボタンや、リセットボタンで、Windowsを再起動させることが何度かあったので、それがいけなかったみたい^ ^;


まぁ、Windows 10は、無料アップグレード期間終了後のハードウェアの変更による再インストールに関して、正式なアナウンスも無いので、新しいSSDでインストールすると考えると、手間はかかるものの、結果オーライカナ。


CSSD-S6T256NHG6Qの、CrystalDiskMark 5.0.0 x64の結果のキャプチャです。