ラベル 鞍ヶ池公園 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 鞍ヶ池公園 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

鞍ヶ池公園 2

鞍ヶ池公園の記事 2 です。
観光牧場エリアから、343号線をわたり、鞍ヶ池へ。

343号線をわたり、プレイハウスのある芝生広場から階段を降りたところ。後ろを振り返ると青空が広がっていました^ ^

鞍ヶ池のボート乗り場。

スワンボート。

晴天でも暑くもなく、お出かけにはちょうど良い季節ですね^ ^

10月26日撮影。
EOS 5D Mark II + EF24-105mm f4L IS USM

おまけ。


サルビア・レウカンサと青空^ ^


大きな地図で見る



関連記事
香嵐渓 [ 待月橋 ]  [ 巴川 ] [ 三州足助屋敷 ] [ 古い町並み ]
鞍ヶ池公園 [ 1 ] [ 2 ]
豊田スタジアム

鞍ヶ池公園 1

香嵐渓、足助の古い町並みを後にし、鞍ヶ池公園へ^ ^



今回は、鞍ヶ池公園の「観光牧場」エリアの写真を投稿しました^ ^
鞍ヶ池公園も初めて行ったんですが、広いですねぇ、観光牧場エリアは日本じゃないみたい。

10月26日撮影。
EOS 5D Mark II + EF24-105mm f4L IS USM

おまけ。


名鉄電車「モ805、ク2313」

モ805(モーター付車)は昭和10年4月、ク2312(運転台付付随車)は昭和13年10月に製造。名鉄本線用では最古参の電車で、名古屋押切~新岐阜間を35分で結ぶ花形特急電車としてデビュー。

昭和23年5月には、豊橋~新名古屋~新岐阜間のレールがつながり、同区間の直通電車として活躍。以降、48年間、地球200周に相当する約800万kmを走行した古つわもの車両。

豊田市に寄贈された経緯は、昭和54年7月に開通した豊田市~名古屋市間の開通前の3ヶ月を様々なテストを行う「試験車両」として走行、いわば豊田線を一番最初に走行した車両であることから、引退後豊田市への寄贈が決まったとのこと。

昭和58年1月に鞍ヶ池公園に展示され、以降、子供達の実物の教材として、公園の憩いの場として引退後もなお活躍しています。


大きな地図で見る



関連記事
香嵐渓 [ 待月橋 ]  [ 巴川 ] [ 三州足助屋敷 ] [ 古い町並み ]
鞍ヶ池公園 [ 1 ] [ 2 ]
豊田スタジアム