ラベル 酢の里 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 酢の里 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

ミツカン博物館 酢の里 2 / 工場萌え

半田市にあるミツカン博物館 酢の里の記事 2 です。
今回は、酢の里見学で撮った写真を投稿。工場に萌えるのは何もコンビナートや鉄鋼など重工業に限らず、食品加工工場のような軽工業でも十分萌える^ ^

見学受付と売店。
受付を済ますと、まず写真奥の大きな映像ホールで30分ほどのミツカングループの紹介やお酢についての映画を見ます。

説明を頂いた係りの方、とってもフレンドリーな方でした^ ^

映画が終わると、お酢ドリンクのブルーベリー黒酢の試飲。案内の方が綺麗なおねーさんに代わり、いよいよ博物館酢の里へ。



大きな仕込み桶のトンネル。


昔のお酢づくりゾーン。
お酢づくりの歴史を見ることができます^ ^


今のお酢づくりゾーンの発酵室。
お酢製品の製造の拠点を大阪に移動したため、写真の部屋は今は可動していませんが、かつてはここでも酢酸発酵が行われていたそうです。理科室の匂いがしました^ ^

酢の里 詳細(予約もこちら)
http://www.mizkan.co.jp/company/csr/sunosato/

4月6日撮影。
EOS 5D Mark II + EF24-105mm f4L IS USM

おまけ。


三郎くん。
酢の里の楽しみのひとつ「三郎物語」の主人公。
丁稚としてお酢作りに従事し、一人前になるまでのストーリージオラマが見学ルート随所に展示されています。気が付くと、彼の成長が気になって仕方がなくなります(笑)


より大きな地図で ミツカン博物館 酢の里 を表示

4月6日のおでかけ記事は以上です。
長らくのお付き合い、ありがとうございました^ ^

関連記事
大山緑地でお花見 [ 1 ] [ 2 ]
幸田文化公園でお花見 [ 1 ] [ 2 ]
ミツカン博物館 酢の里 [ 1 ] [ 2 ]

ミツカン博物館 酢の里 1

半田市にあるミツカン博物館 酢の里の記事です。
今回は、酢の里周辺の写真を投稿^ ^

ミツカングループ本社。


衣浦港へと続く半田運河を挟んでミツカンの工場が立ち並んでいます。


半田運河沿いの歩道には、鯉のぼりがいっぱい。半田市の皆さんから寄贈された鯉のぼりは、5月5日まで飾られています。運営は半田市観光協会。

酢の里の入り口へと続く道。

酢の里入り口の前の風景。フランクフルトや、コロッケなどファストフードの売店があります。

4月6日撮影。
EOS 5D Mark II + EF24-105mm f4L IS USM

次回は酢の里の中の様子を投稿します。
博物館内はすべて撮影OK。思いのほか楽しかったです^ ^

おまけ。


酢の里の見学の帰りに、博物館の受付の売店で思わず購入しちゃったお酢ドリンクの「ブルーベリー黒酢」と、熟成した酒かすだけを原料とした「三ツ判山吹」 おむすび山はおまけで頂きました^ ^

ミツカン ブルーベリー黒酢 500ml



より大きな地図で ミツカン博物館 酢の里 を表示

関連記事
大山緑地でお花見 [ 1 ] [ 2 ]
幸田文化公園でお花見 [ 1 ] [ 2 ]
ミツカン博物館 酢の里 [ 1 ] [ 2 ]