ラベル 瀬戸蔵ミュージアム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 瀬戸蔵ミュージアム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

早川商店

瀬戸蔵ミュージアムを後にし、「窯垣の小径」を目指して東へ。
ここは簡単に見つかり、駐車場もちゃんとしたのがあったのですが、予想以上に残念な結果に^ ^;

なので、窯垣の小径の後に駐車場へ向かう途中に発見した面白いお店を紹介。

せとものと駄菓子のお店「早川商店」
窯垣の小径ののち、市指定文化財の瀬戸本業窯を見に行く途中で発見。

駄菓子コーナー。
行きに寄ったときは、チョコバットみたいなものと、ビックカツを購入^ ^
もぐもぐしながら、瀬戸本業窯を目指す。

瀬戸本業窯から駐車場までの帰り道で寄ったときに気になった「たませんべい」
実はたませんべいって何か知りませんでした。

なので…。

たませんべいヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノたませんべい!

なるほど、目玉焼きをせんべいでサンドしているから、たませんべい^ ^

早川商店のご主人と女将さん、とても気さくで楽しい方でした。
窯垣の小径や、瀬戸本業窯の見学の際に訪れてはいかがでしょう^ ^

おまけ。

一応…窯垣の小径のメインとなる小径。
右のアーティスティックな壁が名物のようです。


こちらは「瀬戸本業窯」で、市指定文化財。
本業窯とは、陶器を焼成する連房式登り窯のことだそうです。

10月12日撮影。
EOS 5D Mark II + EF24-105mm f4L IS USM

10月12日に行った瀬戸蔵ミュージアムなどの記事は以上です。
長らくのお付き合い、ありがとうございました^ ^


大きな地図で見る

関連記事
瀬戸蔵ミュージアム [ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ]
早川商店


瀬戸焼 織部唐草 煮物鉢揃

瀬戸蔵ミュージアム 4

やきものの町、愛知県瀬戸市にある瀬戸蔵ミュージアムの記事 4 です。

窯業製品の大量輸送に活躍した瀬戸電車両の一両「モ754号」



上2枚は瀬戸蔵ミュージアムの外観。

福ふくニャンコ号。
瀬戸蔵ミュージアムを後にし、歩いて招き猫博物館の招き猫ミュージアムへ。
これは招き猫ミュージアムの社用車なのかな。可愛い^ ^

でも・・・。

休館日Σ( ̄O ̄;)ガーン。
招き猫ミュージアム前にて。

おまけ。

瀬戸電モ754号の吊り革。

10月12日撮影。
EOS 5D Mark II + EF24-105mm f4L IS USM


大きな地図で見る

関連記事
瀬戸蔵ミュージアム [ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ]
早川商店


舞陶館 織部庵 織部椿 箸置

瀬戸蔵ミュージアム 3

やきものの町、愛知県瀬戸市にある瀬戸蔵ミュージアムの記事 3 です。

中央通りギャラリー。

モロ(作業場)と石炭窯。

石炭窯。

3階の展示フロア。
こちらでは、瀬戸焼の歴史に関わる展示品を見ることができます。
先の記事のおまけで登場した宇宙人君はこのフロアのどこかにいます。

3階の展示フロアの展示室 1
旧石器時代に始まる瀬戸の歴史を発掘調査の成果をもとに紹介。
2階とはまた雰囲気の違う近代的な展示室。

おまけ。

3階の展示フロアの展示室 2
こちらは、瀬戸焼の多様性と時代による変化がテーマ。

10月12日撮影。
EOS 5D Mark II + EF24-105mm f4L IS USM


大きな地図で見る

関連記事
瀬戸蔵ミュージアム [ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ]
早川商店


瀬戸焼 織部庵 煎茶揃

瀬戸蔵ミュージアム 2

焼物の町、愛知県瀬戸市にある瀬戸蔵ミュージアムの記事 2 です。
本稿では、主に生産道具展示室と中央通りギャラリーの写真を投稿^ ^

上2枚は、生産道具展示室。焼物作りの工程の中で瀬戸で使われていた新旧の生産道具などが展示されています。

中央通りギャラリー。
写真の一番奥は、モロと呼ばれる焼物作りの作業場。

同じく、中央通りギャラリー。
写真の奥に呈茶コーナー「蔵の庭」があります^ ^

呈茶コーナー「蔵の庭」
蔵の庭では、有料ですが、50点ほど展示されている黄瀬戸や志野の茶碗を選んで
抹茶などを楽しむことができる(土、日曜日限定)

10月12日撮影。
EOS 5D Mark II + EF24-105mm f4L IS USM

おまけ。

宇宙人さん?


大きな地図で見る

関連記事
瀬戸蔵ミュージアム [ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ]
早川商店


瀬戸焼 織部庵 ペアロックグラス

瀬戸蔵ミュージアム 1

10月12日、焼物のまち、愛知県瀬戸市の「瀬戸蔵ミュージアム」へ^ ^
瀬戸蔵ミュージアムは、2F、3Fが博物館となっており、博物館フロアはあわせて約1,800㎡

上2枚は焼物工房である「モロ」で作られた器。

モロの仕上場。

モロの様子。
ロクロや、土を練る器械「クネット」などを動かす様子が見学できます。

また、作業に必要な機械は、ひとつのモーターで動かしているというのが合理的で面白い。床にはモーターから伸びるベルトが埋め込まれており、ところどころガラス貼りになっているので、それぞれの機械に伸びるベルトが動く様子も見られる。

店先にせとものが置かれている雰囲気を再現した「せともの屋」の軒先。奥に見える建物は、平成13年に解体された駅舎を再現した「尾張瀬戸駅」

10月12日撮影。
EOS 5D Mark II + EF24-105mm f4L IS USM

おまけ。

呈茶コーナー「蔵の庭」に置かれていたフクロウ君。

蔵の庭では、土、日限定、有料ですが、50点ほど展示されている黄瀬戸や志野の茶碗を選んで抹茶などを楽しむことができる^ ^


大きな地図で見る

関連記事
瀬戸蔵ミュージアム [ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ]
早川商店


瀬戸焼 織部庵 茶托付煎茶揃