Windows 10のコンテキストメニューにプレビューを追加

備忘録
Windows 10のコンテキストメニュー(右クリックメニュー)にプレビューを追加し、Windowsフォトビューアーを起動する方法。


参考
Windows 10でWindows フォト ビューアーを使う方法2



※レジストリにキーを追加したりしますので、自己責任ね。


レジストリ エディタを起動(→レジストリエディタの起動方法。)し、

HKEY_CLASSES_ROOT\SystemFileAssociations\image\shell

まで展開します。



shellopenwpvキーを作成します。(shellを右クリック、新規→キー。)




openwpvキーの右枠にある既定の値のデータに、コンテキストメニュー(右クリックメニュー)に表示するテキストを入力します。(既定を右クリック→修正。)

今回は、プレビューと入力しました。




openwpvcommandキーとDropTargetキーを作成します。(openwpvを右クリック、新規→キー。)




commandキーの既定の値のデータに

%SystemRoot%\System32\rundll32.exe "%ProgramFiles%\Windows Photo Viewer\PhotoViewer.dll", ImageView_Fullscreen %1

を入力します。(既定を右クリック→修正。)




DropTargetキーに文字列を作成します。値の名前はCLSIDです。(DropTargetを右クリック、またはDropTargetの右枠で右クリックし、新規→文字列値。)




CLSIDの値を

{FFE2A43C-56B9-4bf5-9A79-CC6D4285608A}

に設定し(CLSIDを右クリック→修正。)完了です。




moshimore Knowledgeさん、ありがとうね。

おまけ。レジストリエディタの起動方法。

検索ボックスregeditと入力し、regedit コマンドの実行を選択し、レジストリ エディタを起動します。




Windowsキーを押しながらRキーを押し、ファイル名を指定して実行に、regeditと入力しレジストリ エディタを起動します。