Windows 10 デスクトップのタスクバーにクイック起動バーを表示する。

Windows 7と同様に、Windows 10のデスクトップのタスクバーにクイック起動バーを表示することができます。


エクスプローラのオプション(表示タブ)画面のキャプチャ。

隠しフォルダーを表示する設定を行います。

スタートボタンを右クリック→コントロールパネル→エクスプローラのオプション(大きいアイコン表示)などより、エクスプローラのオプションを開きます。

表示タブより、「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しフォルダーを表示する」にチェックし、OKボタンを押します。



タスクバーの何も表示されていない適当な場所で右クリック。開かれたメニューより、「タスクバーを固定する」のチェックを外し、同メニューの「ツールバー」→「新規ツールバー」をクリックします。



「Cドライブ(システムドライブ)」→「ユーザーフォルダ」→「ユーザー名のフォルダ」→「AppData(ここが隠しフォルダになっています。)」→「Roaming」→「Microsoft」→「Internet Explorer」とフォルダを展開し、「Quick Launch」フォルダを選択し、「フォルダーの選択」ボタンを押します。



タスクバーの通知領域の左側に、Quick Launchとテキストが表示されていれば成功です。続いて、クイック起動バーの表示に関する初期設定です。以下の設定をすると、アイコンのみを表示します。

「Quick Launch」と表示されたテキストの上で右クリックし、「ボタン名の表示」と「タイトルの表示」のチェックを外し、クイック起動バーの表示設定完了です。


以下、クイック起動バーの移動操作です。
デフォルトの場所で良ければ、上記の設定で、タスクバーを固定(タスクバーの何も表示されていないところで右クリック→メニューの「タスクバーを固定する」にチェック)し、完了です。


私は、タスクバーの左側、スタートボタンに近い場所にクイック起動バーを配置していたので、デフォルトの位置より移動操作を行います。



クイック起動バーの左端の「||」マーク(区切り)をドラッグし、左方向に移動させます。




タスクバーにアプリや機能をピン留めするのに割り当てられた領域で止まることがある場合は、再び、左端の「||」マーク(区切り)をドラッグし、さらに左方向に移動させると、ピン留めしてあるアプリの右側ぎりぎりに寄せることができます。




クイック起動バーの右端の「||」マーク(区切り)も忘れずに、ドラッグし、左に寄せ、クイック起動バーの表示領域を調整します。




タスクバーを固定し、完了です。